女性

気になるおりものの臭いは改善することが可能|デリケートな悩み

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性ホルモンと関係がある

悩む婦人

常に潤いのある状態を維持

おりものとは、子宮や膣から出る分泌物のことです。膣はおりものによって常に潤いのある状態をキープできています。おりものは膣の中に病原菌が侵入するのを防ぐ大切な役割を果たしています。普段はほとんど臭いはなく、月経に比べてそれほど気にならないものですが、子宮や膣のトラブルを見つける手がかりとなるものです。色や臭いが変化したり量が増えたら注意が必要です。おりものの量や臭いの感じ方は人それぞれに個人差がありますが、悩んでいる人は少なくないようです。尚、下着についたおりものは、乾くと白っぽくなったり黄色味がかって少し酸っぱい臭いがすることもありますが、トラブルによる変化と間違えないように気をつけてください。

こまめに替える

おりものは女性ホルモンと密接な関わりがあり、月経と同様周期的な変化が見られます。臭いや量など、おりものの状態の変化を知っておけば、おおまかな排卵日や月経開始などがわかります。おりものは周期的に量が変化する以外に、妊娠したり、性的興奮状態になると量が増えます。また性交後も量が増えたり、やや黄色っぽくなることがありますが、1時的なものなら心配ありません。おりものの量が多く、臭いが気になる時は不快なだけでなく、外陰炎などを招くこともあります。下着は吸湿性や通気性の良い綿素材にして、こまめに替えましょう。色の変化をチェックするなら、外陰部に触れる部分が白のショーツがおすすめです。おりものシートを利用する時も、こまめに替えることを忘れないでください。